現代文

教師と生徒のこの難しさ

傍線部内に「この」という指示語があるので、指示内容を取り込むことになります。  ラニョーやアランのように「帰依」されることは教師冥利につきる。...
現代文

中世の教師は、逆説的に聞こえるかもしれないが、教える主体ではなかった。

「答案の骨格」は「主語・修飾語・述語」である。 記述問題において、「答案において最も書かなければいけない部分」は、次の構造になります。 ...
現代文

それが大人の権威を支える現実的根拠であった。

必要な語句の重要度に差をつける 産業革命以前の大部分の子どもは、学校においてではなく、それぞれの仕事が行われている現場において、親か親代わりの...
演習

旅をする木

重要漢字 本文中の「重要漢字」を示しておきます。 現代文の正解の条件 現代文の設問に対する「正解」については、「応答(核...
現代文

東大の13.4cm×2行に何字程度書くべきか?

東大の現代文は、第一問の最終問題を除き、字数制限がありません。解答欄は13.4cm×2行です。ここに、けっこう大きめな文字で書くと、60字オーバーく...
演習

副詞・連体詞・接続詞・感動詞の「練習問題」

練習問題3 1 ① 副 (状態の副詞) ② 副 (状態の副詞) ③ 連  ④ 副 (状態の副詞) ⑤ 連 *連体...
演習

【文法】感動詞

今日は「感動詞」について学びましょう。 やってやるぜ。 どんとこい。 では、まず「感動詞」を定義します。 感...
演習

【文法】接続詞

今日は「接続詞」について学びましょう。 やってやるぜ。 どんとこい。 では、まず「接続詞」を定義します。 接...
演習

【文法】連体詞

今日は「連体詞」について学びましょう。 やってやるぜ。 どんとこい。 では、まず「連体詞」を定義します。 連...
演習

【文法】副詞

今日は「副詞」について学びましょう。 やってやるぜ。 どんとこい。 では、まず「副詞」を定義します。 副詞の...