記述対策

歴史そのものが、他の無数の言葉とイメージの間にあって、相対的に勝ちをおさめてきた言葉でありイメージなのだ。

 歴史の問題が「記憶」の問題として思考される、という傾向が顕著になったのはそれほど昔のことではない。歴史とはただ遺跡や史料の集積と解読ではなく、それ...
記述対策

歴史という概念そのものに、何か強迫的な性質が含まれている。

〈主語〉〈修飾語(特に目的語) 〉は〈述語〉の前提である。 多くの場合、「どういうことか」の問題では、答案の〈述語〉部分は、傍線部の〈述語〉部...
記述対策

歴史学の存在そのものが、この巨大な領域に支えられ、養われている。

「答えるべきこと」の濃淡をつける。 試験において最も出題されやすい形式は、本文中に傍線が引かれ、「どういうことか」と問われるものです。 ...
記述対策

東大現代文 お薦めのテキスト(得点になる解答例が掲載されている問題集)

東京大学の二次試験の現代文は、きわめて質のよい問題なので、仮に東大を受けないとしても、数年分の過去問を解くことは非常に有益なことです。多くの過去問に...
演習

生きるということをじぶんに引きうけた人間に特有の自恃と孤独

今回は京都大学の問題を見てみます。(1)と(2)の傍線部がありますが、(1)に関しては、ずっと後ろまで読まないと答えられない問題であり、常識的な引用...
演習

倫理的な交換

今回は、短い字数に要点を詰める問題を扱います。課題文の全貌がわからないと解きにくいので、前半のあらすじを書いた上で、傍線部付近を引用します。出典は岩...
演習

どのような器も、どのような袋も、靄のような起源の光彩を帯びているのだ

 詩と舞踊はもと同じだった。詩を伴わない舞踊はなく、舞踊を伴わない詩はなかった。サッフォーは舞踊教師でもあった。そして、詩は、バッハオーフェンによれ...
演習

世界と人間

問1 (ア)大丈夫 正解は② (①常備 ②頑丈 ③冗談 ④譲渡 ⑤施錠) (イ)階層  正解は⑤ (①介入 ②氷解 ③軽快 ④懲戒 ⑤階...
演習

死者・他者・私

*ここでは文章の流れに沿って設問を見ていきます。 問一(Ⅰ) 正解は「ニ」 「流動性」との対比であり、「ニ」の「固定化」が適当です。他の...
演習

故郷

問1 (ア)正解は⑤(イ)正解は④(ウ)正解は① 問2 正解は③ 小説には登場人物が感情を投影する「コト・モノ」が出現します。たと...