演習

正義の哲学

問1   (ア)挑 正解は⑤ ①風潮 ②清澄 ③懲罰 ④前兆 ⑤挑発 (イ)促 正解は③ ①拙速 ②推測 ③催促 ④側転 ⑤...
演習

読解とは何か

適度なイメージスキル/スルースキル 唐突だが、「わかる」とは、どういうことだろうか。 問いが抽象的すぎるが、学問における「わかる」の出発...
演習

デューク

問1 (ア)① 「訝しい」 意味は、「物事が不明であることを怪しく思うさま。疑わしい。」 (イ)⑤ 「~ような」「ごとし」などがつくこと...
演習

日本人とは何か

問1 イ ここでの主語(S)は、「文芸復興期のイタリアに住んでいたとする彫刻家」です。本文の対立関係でいえば、これは「かつての彫刻家」の例にな...
記述対策

落語家の自己はたがいに他者性を帯びた何人もの他者たちによって占められ、分裂する。

〈課題文抜粋〉 演劇などのパフォーミングアートにはすべて、何かを演じようとする自分と見る観客を喜ばせようとする自分の分裂が存在する。それは「演じてい...
記述対策

このこころを凍らせるような孤独

東大二次試験の国語では、文科80点より上に行くには非常に高い壁があり、容易には突破できません。誤解を恐れず言えば、国語で80点を超えるようにするため...
記述対策

記述は基礎の寄せ集め

記述問題(特に国公立の長い記述)は、根本的に「基礎の寄せ集め」です。 「基礎」が何を意味するのかというと、たとえば、次のようなものです。 ...
演習

白桃

問1 (ア) 「心得る」という動詞から連想しましょう。 「訳知り顔」は「事情を理解している顔」ということです。 正解は④です...
記述対策

傍線部内の「一般的な語句」と「熟語」の対応について

傍線部について「どういうことか?」と問われた場合、傍線部内の語句はいちいち言い換えていく姿勢が基本です。 特に、指示語や比喩表現は、言い換えて...
記述対策

記述問題に対する根本的態度

合格していく受験生の再現答案を見る限り、積極的に本文の語句を使用し、「自分のことば」は必要最小限にしていることが多いという話は前回にしたとおりです。...