羨望の思い

「いえるのはなぜか」の問題です。

自然と人間

さて、今回は、「いえるのはなぜか」という問題を扱います。

単純な「なぜか」とは考え方がやや異なります。「いえるのかなぜか」という問いは、実質的に「意味内容を答える」問題であることが多いからです。

たとえば、「よしお」がケガをしたことに倒して、「なぜケガをしたの?」と聞く場合、それは「因果関係」を問うています。「自転車で転んだから」などと「前提」を答えることになります。

一方、「よしお」が「おれはこの学校で一番だ!」と豪語しているとして、「なぜそのようにいえるの?」と聞く場合、「一番」の「内容」を問うていることになります。「中間試験で一番だった」とか、「50m走で一番だった」などという返答が必要になります。

注意点は、前者の「因果関係」を問う「なぜか」のほうは、「ケガの中身を聞いているわけではない」ことです。

たとえば、同じ状況でも、「よしお」のケガがじっと目を凝らさないと見えないほどの軽度の擦り傷だったとします。そこで、友達が、「きみはなぜこれをケガといえるの?」と聞いたとします。その場合、「よしお」は、「だって、血が出てるし…」などと、「ケガの中身」を説明することになります。

このように、「いえるのはなぜか」という問いは、成立する答案が、「どういうことか」とかなり似たものになりがちです。とはいえ、「なぜか」と問われている以上、何らかの「前提」も取り込む必要があると考えましょう。

このように、「いえるのはなぜか」の問いは、「因果関係のなぜか」と「どういうことか」を合わせたような性格を持っているので、取り込むべき論点が多くなります。そのぶん、最後の「まとめ」においては、〈圧縮〉のための〈自分のことば〉が必要になることがあります。

では、課題文を読みます。

 海岸に立つと、夏の太平洋の香りの強い浜風が僕の衣服をバタつかせた。かつてよくサザエ取りに訪れた岩場まで来ると、ヤドカリは渾身の力をふりしぼって僕の手を押しひろげた。そうして岩の上へと飛び降りていった。体じゅうに波を浴びて、岩陰に隠れ去っていった。
 僕は砂浜の落花生畑を横切り松林を歩いて、国道にと戻ってきた。バスに乗り、汽車に乗って東京に帰る。もしかすると重い殼を背負って海へと急いでいたヤドカリの健康な走りに、生きることへの迷うことなき逃走に、僕は少しだけ羨望の思いをもっていたのかもしれなかった。
 迎え入れてくれる海を目ざして走っていく、それは僕たちがすでに失ってしまった逞しさであるように思えた。僕たちはいつごろから、生きようとする衝動をこれほどまでに失ってしまったのであろうか。まるで生きることが憧れではなくなってしまったようだ。

内山節『自然と労働』

〈問〉傍線部「羨望の思い」とあるが、「羨望」といえるのはなぜか、説明せよ。

なぜ「羨望」といえるのかという問いなので、

①羨望の意味内容の説明 + ②前提の取り込み

という2つの視点が必要です。

〈作業1〉主語・目的語・述語の確認

傍線部を含む一文の文法関係は次のとおりです。

主 語  筆者は
目的語  海へと急いでいたヤドカリの健康な走りに、
     生きることへの迷うことなき逃走に、
述 語  羨望の思いをもっていた

〈作業2〉「羨望」の意味内容の確認

「羨望」「うらやましいと思う」という意味です。それを説明している論点が課題文中にあればそこを拾えばよいのですが、見当たらない場合は辞書的意味を援用して説明しましょう。

〈作業3〉〈前提〉の確認

なぜ筆者は「うらやましい」と思ったのでしょうか。それは、対象(ヤドカリ)のほうが、自分の状況よりも、よい境遇だと思ったからです。したがって、

自分(筆者)は 劣っている
相手(ヤドカリ)は 優れている

という関係が記述できればよいことになります。「自分はダメなのにヤドカリはいいから」というような関係が作れればよいのです。

さて、どんな点がダメで、どんな点がよいのでしょうか?

僕 ⇒ 逞しさを失っている(ダメ)
    生きようとする衝動を失ってしまっている(ダメ)


ヤドカリ ⇒ 健康(よい)
       生きることに迷っていない(よい)

以上の対比を答案内に構築できれば、「羨望」につながる〈前提〉を拾ったことになります。

したがって、次のような答案が成り立ちます。

解答例

筆者は、生きることに迷うことなく海へと急ぐヤドカリの健康的な走りを見て、生きようとする衝動や、逞しさが失われた現代に生きる自分と比較し、うらやましく思ったから。

〈採点基準〉⑥点
筆者は
生きることに迷うことなく          ①
海へと急ぐヤドカリの健康的な走りを見て   ①
生きようとする衝動や、           ①       
逞しさが失われた              ①
現代に生きる自分と比較し          ①
うらやましく思ったから。          ①

今回の答案では、「うらやましく思った」という辞書的意味を援用した部分が〈自分のことば〉です。

補足

「いえるのはなぜか」の問題の場合、「結論部の言い換え(具体化)」とみなせる表現はたいてい課題文中に存在しますが、見当たらない場合は辞書をたよりにしましょう。京都大、千葉大、筑波大のような、小説の記述を出題する可能性がある大学の場合、「辞書的語彙力」をそのまま使用しないと答えきれない問題が出ることもあります。

国語の学習の最初は辞書。そして最後も辞書だ。