【文法】接続詞

今日は「接続詞」について学びましょう。

やってやるぜ。

どんとこい。

では、まず「接続詞」を定義します。

接続詞とは

◆自立語である。 (文節の先頭になる)
◆活用しない。  (語尾が変化しない)
◆主に文と文をつなぐはたらきをする。
◆語と語をつなぐ場合もある。

たしか「接続語」っていうのもあったよな。

「接続語」は「文の成分」であって、「接続詞」は「品詞」です。

ちょっと何を言っているのかわからないぜ。

「文の成分」というのは「文節」の区別で、「品詞」というのは「単語」の区別です。

混乱してきた。

今は「品詞」の勉強に入っているわけだけれども、「文の成分」「品詞」を混同しないように気を付けよう。

「文の成分」は、「文節」の役割に名前をつけたもので、


主語
述語
修飾語
接続語 
独立語


5種類があったね。

役目を奪われました。

「品詞」は、「単語」の特徴に名前をつけたもので、

名詞
副詞
連体詞
接続詞
感動詞
動詞
形容詞
形容動詞
助動詞
助詞


10種類に分かれるよ。

まあまあ分かるけど、ピンとこない。

たとえば、

とてもきれいな花だ。

の「とても」は何ですか?

と聞かれたらどう答えればいいんだ?

「とても」は「何ですか?」という雑な問い方はありません。

「とても」の「文の成分は何ですか?」と聞かれることはあります。

または、「品詞は何ですか?」と聞かれることはあります。

「文の成分」を問われているのであれば、正解は「修飾語」です。

「品詞」を問われているのであれば、正解は「副詞」です。

同じ傍線部でも、「問われ方」によって「答え方」も違うんだな。

そういうことか!

そうだよ!

たとえば、

私はうどんを食べる。

という文の「食べる」という文節「文の成分」「述語」だ。

ところが、「食べる」という単語「品詞」「動詞」だ。


        述語(文の成分)
私は うどんを 食べる
        動詞(品詞)


ということになるんだ。

同じところに傍線部があっても、「文の成分は何か?」という問いと、
「品詞は何か?」という問いでは、解答が別々になるんだね。

「文節」だと、「単語」が複数入っていることが多いですね。

単語が複数入っている「文節」全体に線を引いて、「品詞は何か?」と問うことはありません。

カラカサオバケが出した例でいう「食べる」は、たまたま「単語ひとつ」で「文節ひとつ」が成り立っているので、「品詞は何か?」と聞くこともできるんですね。

たとえば、

暑いから、クーラーをつけた。

という文の「暑いから」という部分に線を引いて、「品詞は何ですか?」と聞くことはできません。

「暑いから」という部分には「暑い/から」という「2つの単語」が存在するからです。

「品詞」を聞きたいのであれば、「単語ひとつ」に線を引かなければならないのです。

ふむふむ。

とにかく、「問われ方」に気をつけておけばいいんだな。

そうですね。

「文節」に対して「文の成分」が問われているのであれば、

「主語・述語・修飾語・接続語・独立語」のどれかで解答します。

「単語」に対して「品詞」が問われているのであれば、

「名詞・副詞・連体詞・接続詞・感動詞・動詞・形容詞・形容動詞・助動詞・助詞」のどれかで解答します。

「ひとつの文節」は「ふたつくらいの単語」で構成されることもありますし、「ひとつの単語」で成り立っていることもあります。

だいたいわかった。

「接続詞」について学習しよう。

では問題です。

雨が降ってきた。しかし、傘をささずに歩いた。

という文における「しかし」の「文の成分」は何ですか?

「接続語」だ。

そうです。

では、「品詞」は何ですか?

「接続詞」だ。

正解!

この例文の「しかし」のように、

「単語ひとつで接続語のはたらきをする品詞」「接続詞」といいます。

じゃあ、

寒いから、クーラーを止めた。

という場合の「寒いから」は「接続詞」ではないんだな。

そのとおりです。

「寒いから」は「文の成分」でいえば「接続語」ですが、「寒い」と「から」に分かれるので、「単語」ではありません

「寒いから」に一気に傍線を引いた場合、「単語」でないので「品詞」を問うことはできません。

この後で学習する内容ですが、「寒い」が「形容詞」で、「から」が「接続助詞」というものです。あとでゆっくり説明しますので、今はわからなくてかまいません。

接続詞の種類

「文の成分」の「接続語」のときに、いろいろな「種類」を学んだと思うんだけど、「接続詞」にも「種類」があるのかな。

そのとおりです。

でも安心してください。

種類の数は同じです。

まとめておきましょう。

接続詞の種類

① 順接      だから・したがって・すると・それで

② 逆接      しかし・だが・けれども・でも

③ 並立・累加   そして・また・さらに

④ 対比・選択   それとも・あるいは・もしくは・ないし(は)

⑤ 説明・補足   なぜなら・つまり・すなわち・ただし

⑥ 転換      では・それでは・ところで・さて

これは覚えたほうがいいのか?

覚えたほうがいいです。

「使いこなしているうちに自然と覚える」というのが理想ですね。

⑤「説明・補足」の「ただし」という接続詞がけっこう難しいので、解説しておくよ。

「ただし」は「前に書いてあること」に対して、「条件を加えたり、例外を示したりするための接続詞」なんだ。

たとえば、次のような使い方だ。

質問があれば来てください。
ただし、国語の質問だけですよ。
    *条件を加えている

本店は夕方6時まで営業しています。
ただし、金曜日だけは5時までです。
    *例外を示している

このように、「ただし」は、前に書いてあることに対して、

①条件を加える
②例外を示す

ための接続詞です。

前に書いてあることを「補って説明している」わけですから、区分としては「説明・補足」のところに入るんですね。

さて、「条件」を書いたり、「例外」を書いたりするのは、前に書いてることについて、部分的に否定しているようなものだよね。

だから、「ただし」のところに「しかし・だが。でも」などを入れても、文全体の意味が通ってしまうことは多いんだ。

ためしに入れ替えてみよう。

質問があれば来てください。
でも、国語の質問だけですよ。

本店は夕方6時まで営業しています。
しかし、金曜日だけは5時までです。

文全体の意味は「ただし」のときと似ているね。

このように、「ただし」を入れるべきところに、逆接の接続詞を入れても、意味が通ってしまうことは多いのです。

けれども、「しかし」と「ただし」はイコールの関係にはなりません。

このことは、逆のパターンを考えてみるとわかります。

雨が降っている。でも、散歩に行こう。

という文の「でも」を「ただし」に変えてみると、こうなります。

雨が降っている。ただし、散歩に行こう。

意味がわからなくなりますね。

このことからも、「しかし・だが・でも」という逆接の接続詞と、「ただし」という「説明・補足」の接続詞は「同じ意味ではない」ということがわかります。

「ただし」は「条件や例外を付け加えるとき」の接続詞であることを意識しておきましょう。

「それで」という接続詞も、誤解が生じやすいから解説しておくよ。

「それで」は「順接の接続詞」だ。

順接というのは、

①前で起きたことに引き続いて、屈折なく次のことが起こる。

②前で述べた内容が理由となり、後ろがその結果になる。


という用法だ。

①は、次のような文だ。

種を植えた。すると、芽が出てきた。
【出来事A】    【出来事B】

②は、次のような文だ。

晴れた。だから、自転車で行こう。
【理由】     【結果】

「それで」という接続詞は、どちらかというと②に近い用法です。

のどが渇いた。それで、水を飲んだ。

知らない単語があった。それで、辞書を引いた。

という使い方をします。

意味的には「だから」「そのため」などに言い換えることができます。


注意が必要なのは、次のような文です。

サッカーボール、それで遊んだ。

この文の場合、「それで」は接続詞ではなくて、「それ」を代名詞と考えます。

「それで」が一語の接続詞になるのは、「だから」「そのため」に言い換えることができるときなんですね。

サッカーボール、それで遊んだ。

この場合、「それで」を「だから」「そのため」と言いかえると変だよね。

次の文の「それで」は、「だから」「そのため」と言い換えても成り立つよね。

風邪を引いた。それで学校を休んだ。
        ↑
       だから
       そのため


このように、「だから」とか「そのため」といった接続詞に取り換えることができる「それで」は順接の接続詞だと考えよう。

おれは昨日寝坊したんだ。

それで

それで、遅刻したんだ。

今の会話の「それで?」というのは、「だから何?」「そのためどうなったの?」ということを聞いていますので、「接続詞」になりますね。

OK.

あと「接続詞」で気を付けておくことはなんだ?

ちょっと古めかしい言葉に注意しよう。

もしくは
ないしは

なんていう言葉は、現在の話し言葉ではなかなか使わないけれど、文章ではけっこう出てくる。

または・あるいは・もしくは・ないし(は)

という4つの言葉は、全部同じ意味だと考えておくといいよ。

どれも「対比・選択」の接続詞だ。