賛嘆と皮肉の虚実がどう重なりあっているのか知れたものではない。

傍線部内の熟語をどのように考えていくのがよいのか、例題から見ていきましょう。

〈問〉 傍線部「賛嘆と皮肉の虚実がどう重なりあっているのか知れたものではない」とあるが、それはどういうことか、説明せよ。

 もっと通俗的なパターンで言うと、学校で教員たちがよく使う「もっと感情をこめて読みなさい」というきまり文句になる。「へえ、感情ってのは、こめたり外したりできる鉄砲のタマみたいなものかねえ」というのが私の皮肉であった。その場にいた全員が笑いころげたが、では、感情とはなにか、そのことばを言いたくなった事態にどう対応したらいいのか、については五里霧中なのである。
 この逆の行為を取上げて考えるともう少し問題がはっきりするかも知れない。女優さんに多い現象だが、舞台でほんとうに涙を流す人がある。私は芝居の世界に入ったばかりの頃初めてこれを見てひどく驚き、同時に役者ってのは凄いものだと感動した。映画『天井桟敷の人々』の中に、ジャン・ルイ・バロー演じるパントマイム役者に向って、「役者はすばらしい」「毎晩同じ時刻に涙を流すとは奇蹟だ」と言う年寄りが出てくる。若い頃はナルホドと思ったものだが、この映画のセリフを書いている人も、これをしゃべっている役柄も役者も、一筋縄ではいかぬ連中であって、賛嘆と皮肉の虚実がどう重なりあっているのか知れたものではない

竹内敏晴『思想するからだ』 東京大学

まずは傍線部をざっくり分けてみましょう。主題も書き込んでみると、次のようになります。

芝居で涙を流す役者に対する、
「すばらしい」「奇蹟だ」というセリフは、 (主題)
ⅰ.讃嘆と
ⅱ.皮肉の
ⅲ.虚実が
ⅳ.どう重なり合っているか知れたものではない

「賛嘆」「皮肉」という語そのものは、そのまま使用しても減点にはなりません。単語自体の意味は課題文と無関係に理解できるからです。それよりも、「どのような賛嘆なのか」「どのような皮肉なのか」という「オプション」を付けることのほうが重要だと考えましょう。

〈下書き〉
芝居で涙を流す役者に対する称賛の言葉は、役者の凄さを賛嘆しているのか、内心はしらけていることの皮肉なのか、その虚実を区別することができないということ。

「虚実」は、ここでは、セリフの中身が「本音」なのか「嘘」なのかがわからない、ということなので、そのように表現できるとよりよいです。

〈下書き②〉
芝居で涙を流す役者に対する称賛の言葉は、役者の凄さを賛嘆する本音なのか、内心はしらけていることの皮肉めいた嘘なのか、判別できないということ。

ここまで書ければこのまま提出してよい水準ですが、「賛嘆」「皮肉」が傍線部内の熟語なので、時間に余裕があるのであれば、辞書的意味を利用して言い換えていきましょう。

〈解答例〉
役者の落涙の演技に対する称賛の言葉は、役者の凄さを褒めたたえる本音なのか、内心の失望をあえて逆に表現した嘘なのか、容易には判別できないということ。

「容易には」というのは、「一筋縄ではいかない」という表現から、「簡単にはいかない」というニュアンスを出したくて入れた表現です。ただ、傍線部の外部なので、採点項目には入っていないと考えられます。

〈採点基準〉⑤
芝居で涙を流す役者に対する称賛の声は (ないと減点)       
役者の凄さを褒めたたえたのか     ② (賛嘆のままは①点)
内心の失望をあえて逆に述べたのか   ② (皮肉のままは①点)
本音か嘘かを判断できない       ①
ということ。

やっぱり最後は語彙力!