演習

温とい思い出の影がその辺いっぱいに漂っているようなもので、かえって安らかなのである。

対比が重要になる問題 傍線部は、多くの場合、曖昧な表現(比喩的・多義的)ですから、そのままでは「実態」がつかめません。それを、傍線部よりも一段...
演習

農業が盛んだった頃の一風景が、段差のある家の構造自体の中に残っているのだ。

「どういうことか」の基本姿勢 「どういうことか」の問題に対する最も大切な姿勢は、次のことです。 傍線部は、「曖昧」である。    *複...
演習

私は黙って障子を閉めることにした。

いつもと違う設問の表現に注意しよう 「なぜか」の問題です。  熱中、熱中、脇目もふらない懸命さ、ということが好きである。 下の子が三歳で...
演習

ずっと私はひとり遊びの世界の住人であった。

分解 ⇒ 言い換え ⇒ 統合 「どういうことか」の問題に対する答案作成の基本的態度は、 分解 ⇒ 言い換え ⇒ 統合 です。 ...
現代文

背・背なか・背後

基本的に「評論」と「随想」の解き方は変わりません。 しかし、「随想」のほうが「本文根拠が薄い問題」が混じりやすい傾向があります。 つまり...
現代文

落語の国の精神分析

(一) 傍線部は、「このこころを凍らせるような孤独」です。 分解すると、 ①この/②こころを凍らせるような/③孤独 となりま...
演習

古文 形容詞

今日のテーマは「形容詞」です。 ク活用とシク活用 「形容詞」の活用の種類は2つです。ク活用 と シク活用です。 たとえば...
演習

小論文の構成について①

小論文の構成 小論文の課題が出て、しみじみと落ち込んでいるよ。 「俺」じゃなくて「私」とか、「だぜ」じゃなくて「である」とか、いち...
演習

十訓抄 (顕宗といふ笛吹き)

出典 「十訓抄」の「顕宗といふ笛吹き」というお話を解説します。 「出典は?」と問われたら「十訓抄」と答えましょう。「じっきんしょう」と読...
現代文

小説 肉親再会

問1  センター試験小説の語句問題は、辞書的な意味をベースに、文脈に合うものが正解になる。辞書にその意味があっても文脈に即していなければアウト...