【文法】副詞

今日は「副詞」について学びましょう。

やってやるぜ。

どんとこい。

では、まず「副詞」を定義します。

副詞の定義

副詞とは

◆自立語である。   (文節の先頭になる)
◆活用しない。    (語尾が変化しない)
◆主に用言を修飾する。(主に用言に係っていく)

 *副詞の基本的なはたらきは「用言を修飾する」ことだが、100%そうなるわけではない。
 (用言以外を修飾することもある

まったくイメージがわかないな。

すでにわからない。

あきらめるのがとても早いですね。

「まったく」「すでに」「とても」は副詞だ!

いきなりなにかが来たぞ。

どうやら副詞を指摘する生き物のようだ。

「いきなり」「どうやら」は副詞だ!

この子が指摘している単語は、単独で取り出しても意味がわかります。また、すべて「ことばのかたち」が固定されていますね。「いきなら」とか「どうやり」などとは言いません。

このように、「副詞」は、「自立語」で「活用しない」品詞です。

そして、ほんとどの副詞は「用言(動詞・形容詞・形容動詞)」を修飾します。

連用修飾語ってやつだな。

そのとおりです。

副詞は「文の成分」でいうと、ほとんどの場合「連用修飾語」に該当しますね。

「ほとんどの場合」ということは、そうじゃないこともあるのか。

たまにあります。

たとえば、

副詞   副詞    動詞(用言)
もっと  じっくり  取り組もう。
     連用修飾語

という文の場合、「じっくり」は「取り組もう」を修飾していますから「連用修飾語」と言えますが、その上の「もっと」は、「じっくり」という副詞を修飾していますから、厳密に言うと連用修飾語ではありません。

「副詞を修飾する副詞」というものもあるのだな。

名詞(体言)を修飾することもあります。

たとえば、

もっと に 行こう。

さらに に 飛んで行った。

ずっと の ことだ。

といった文の場合、「もっと」は「前」を修飾しています。「さらに」は「上」を修飾しています。「ずっと」は「昔」を修飾しています。

「体言を修飾する副詞もある」ということだな。

連体修飾語になっているわけだな。

そのとおりです。

ただ、副詞の基本的な定義はあくまでも用言を修飾する 活用しない 自立語です。

他の副詞を修飾するケースや、体言を修飾するケースは、応用的なものだと考えておきましょう。

そう考えると副詞ってたくさんあるな。

カエルがゲコゲコ鳴く。

の「ゲコゲコ」も副詞だな。

ひさががくがく震える。

の「がくがく」も副詞だな。

そうだよ!

擬音語(擬声語)・擬態語といったものは、すべて「副詞」です。

雨がザーザー降る。

星がきらきら瞬く。

水がさらさら流れる。

洗濯ものをジャブジャブ洗う。

ボールをシュンと投げる。

ハンカチをスッと取り出す。

などはすべて「副詞」ですね。

なお、擬音語(擬声語)・擬態語には「と」という語が付くこともありますが、その場合、「と」まで含めて一語の副詞です。

状態の副詞・程度の副詞

さて、「副詞」には、ざっくり分けて3つの区別があります。

①状態

②程度

③呼応(陳述・叙述)

です。

だんだん難しくなってきたぞ。

「だんだん」は副詞だ!

ある言葉(主に用言)に対して、それがどんな様子であるのか付け加えている副詞は「状態の副詞」です。

そっと 座る。

ゆっくり 食べる。

まっすぐ 並ぶ。

すぐに 来る。

などです。

擬音語(擬声語)・擬態語はここに区分されます。

雪が しんしんと 積もる。

成績が ぐんぐん 上がる。

といったものは「状態の副詞」ですね。

ほうほう。

数や量の「多/少」とか、物体の「大/小」とか、長さの「長/短」とか、面積の「広/狭」といったものの「程度」を示しているのは「程度の副詞」です。

とても うれしい

かなり 大きい

少し できた

もっと 食べたい

ちょっと 加える

といったものが「程度の副詞」です。

見分けが難しいな。

「どのように」を示しているのが「状態の副詞」で、「どのくらい」を示しているのが「程度の副詞」です。

難問だぞ。

最初のほうでお話した、「副詞の応用的な使い方」を覚えていますか?

副詞は基本的には「用言」を修飾するのですが、「他の副詞」を修飾したり、「名詞(体言)」を修飾することもあります。

そういった「応用的な使い方」ができるのは「程度の副詞」です。

「連体詞」のところで話しますが、「連体詞」を修飾することもあります。

とても ゆっくり 食べる。
程度  状態

もっと まっすぐ 並ぶ。
程度  状態

ちょっと のほうに 貼る。
程度   体言

ずっと 後ろから 走ってきた。
程度  体言

本当だ!

この「体言(名詞)を修飾する副詞」というのも、特殊な用法です。

ここでの、「上」「後ろ」といった名詞は、「方向」を示している名詞です。「方向」というのは「近いところ」と「遠いところ」がありますよね。

このように、「方向」「場所」「時間」「数量」などを示す名詞は、「長/短」「大/小」「多/少」といった「程度の副詞」を付けることができるんですね。

そういうものではない通常の名詞には、「程度の副詞」は付きません。

ちょっと机

とか

ずっと黒板

とか変だもんな。

呼応(陳述・叙述)の副詞

ある副詞が存在することによって、その下のほうに決まった言い回しを導く場合があります。

たとえば、

決して 食べ ない

といった文ですね。

「決して」という副詞は、「ない」ということばを導きます。

「決して」が「ない」をんで、「ない」がその呼びかけにえているような関係なので、「呼応(こおう)の副詞」と言います。

「陳述(ちんじゅつ)の副詞」ということもあります。

「陳述」とは何だ?

これは非常に難しいことばで、複数の意味があるのですが、文法の世界では「書き手や話し手の気持ちがわかるように書かれている文の述べ方」のことです。

普通の文であれば、

私が行こ。(意志)

きみの本です。(疑問)

こんなことはできない。(否定・打消)

花が咲くだろう。(推量)

といったように、

書き手・話し手がどういうつもりでその文を述べているのかは、最後のほうでわかるんです。「意志を表すつもり」で述べているのであれば「意志の陳述」、「疑問を表すつもり」で述べているのであれば「疑問の陳述」などと言うことがあります。

さて、

決して食べない

という文を考えてください。

最後の「ない」という部分によって、この文は「否定・打消の陳述」であることがわかります。

けれども、この文の場合、「決して」がある時点で、「否定・打消の陳述」であることがなんとなく予測できませんか。

わかるわかる。

決して食べる!

って言わないもんな。

そうですよね。

「決して~ない」という「述べ方」は、通常はセットで用いられますから、「決して」と言った時点で、「あ、強い否定くるぞ!」ということがわかりますね。

日本語は、本来は最後まで聞かないと文の意味がわからないはずなのですが、「陳述の副詞」があると、どんな構造の文になるのかだいたいわかるのです。

つまり、本来であれば日本語は文末に気持ちが表れやすいのに、「陳述の副詞」があると、すでにそこに気持ちがこもっているようなものなのです。

もし雨が降ったら休もう。

まるで亀のようなタワシだ。

まったくできない

といった表現なども、「もし~たら」「まるで~ような」「まったく~ない」とセットで用いられるので、最初の副詞がある時点で、どういう陳述になるのかがわかるのですね。

こういったものを「陳述の副詞」と呼びます。

「呼応の副詞」とはどう違うんだ?

同じです。

「呼応の副詞」も「陳述の副詞」も、同じ現象を指しています。文法書によって呼び方が違うだけなので、

「呼応の副詞」=「陳述の副詞」

と考えてください。

なお、これを「叙述の副詞」と呼ぶこともあります。

「呼応の副詞」=「陳述の副詞」=「叙述の副詞」です。