記述対策

現代文

推敲という意識をいざなう推進力のようなものが、紙を中心としたひとつの文化を作り上げてきた

傍線部前半は比較的簡単、傍線部後半は超難問、という設問です。「この」という指示語があることからも、「推敲という意識をいざなう推進力」は、直前の内容...
現代文

それらとともにあることの、喜びであり、苦しみであり、重さなのである。

 東大第一問の(五)は、あくまで傍線部の問題として処理するが、本文全体とのかかわりの中でその傍線部を位置づけることが重要である。決してその意味段落だ...
現代文

記憶の方は、人間の歴史をはるかに上回るひろがりと深さをもっている。

   あるいは情報技術における記憶装置(メモリー)の役割さえも、歴史を記憶としてとらえるために一役買ったかもしれない。熱力学的な差異としての物...
現代文

自分ひとりでいい気持ちになりやがって。芝居にもなんにもなりやしねえ。

「誇張表現(大げさ表現)」は「実態」に直そう。 「誇張表現(大げさ表現)」は、「実態」とはかけ離れています。 たとえば、近所の八百屋さ...
現代文

「ウレシソウ」に振舞うというジェスチュアに跳びかかる

随想と評論の解答方針に違いはない。 随想の問題を扱います。 さて、評論と、随筆のあいだに、「解き方の違い」というものはありません。基本的...
現代文

歴史そのものが、他の無数の言葉とイメージの間にあって、相対的に勝ちをおさめてきた言葉でありイメージなのだ。

 歴史の問題が「記憶」の問題として思考される、という傾向が顕著になったのはそれほど昔のことではない。歴史とはただ遺跡や史料の集積と解読ではなく、それ...
現代文

歴史という概念そのものに、何か強迫的な性質が含まれている。

〈主語〉〈目的語 〉は〈述語〉の前提である。 これまでの問題では、 〈主語〉〈目的語〉 ⇒ 〈述語〉 という論理関係を答案の骨格に...
現代文

歴史学の存在そのものが、この巨大な領域に支えられ、養われている。

「答えるべきこと」の濃淡をつける。 試験において最も出題されやすい形式は、本文中に傍線が引かれ、「どういうことか」と問われるものです。 ...
現代文

記述答案の素材は本文内か辞書内に存在する。

国立二次の記述問題は、時間内に満点を取ることはできない。 現代文の記述問題では、あらゆる問題に広く行き渡る「満点を取る方法」はありません。 ...
現代文

子どもへの理解を無限に強いられる

「自分のことば」を必要とする問題の多くは、複数の語が列挙されているときに、それを「一般化」するタイプのものになります。とはいえ、答案の全体が「自分の...